指定更正・育成医療機関 顎変形症保険認定医療機関 日本矯正歯科学会認定臨床研修機関

〒790-0011
愛媛県松山市千舟町7-10-1

TEL:089-921-3111

一口コラム

一口コラム 求人案内
HOME»  一口コラム»  一口メモ»  喫煙と歯周病

喫煙と歯周病

喫煙と歯周病

全身においても歯周病においても タバコは重大な危険因子

タバコは重大な危険因子 歯周病患者の中で、喫煙本数・喫煙年数が多い人ほど中等度~重度の歯周病に罹患する割合が大きい結果が出ている。



 

喫煙者の歯周病の特徴

  • 1歯茎の腫れが少ない
  • 2ブラッシング時の出血が少ない

歯周病は慢性に進行し、あまり強い症状が現れない事が多く、その中でも「歯茎の腫れ」「ブラッシング時の出血」は比較的自分で気づきやすい症状なのですが、喫煙者の歯周病ではこれらの症状が現れにくいという事です。
生体には免疫という防御反応があり、病原菌が体内に侵入してきた場合、体内の対抗部隊との戦争が起きる事になります。それが炎症という訳です。実際には歯茎が腫れたり膿んだりします。
しかし喫煙により歯茎が低酸素状態になったり免疫力が低下したりしていると、病原菌が侵入してきても対抗部隊の数が足りなかったり力が不足したりで、戦争にならない事になります。
つまり自覚症状が少なくても歯周病はどんどん進行し、歯周組織(歯茎と歯を支える骨の部分)の破壊が進んでしまうのです。

参考文献:社団法人 浜松市歯科医師会ホームページ
 

タバコによって口腔内にはどのような影響があるのか

  • 歯やその周囲に汚れがたまりやすくなる
    タバコの煙の中のタールは、俗に言う「ヤニ」として歯の表面にこびりつきます。歯ブラシでもなかなか取れない、歯の裏側などにこげ茶色に付着したものがそうです。
    この部分には、う蝕(虫歯)や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)も沈着しやすくなり、歯周病の発症や進行を助けます。
  • 細菌に対する組織の抵抗力が低下する
    煙の中のニコチンは、歯肉や口腔粘膜からも吸収されて体の中へ入ります。その付近には体を細菌などの微生物から守るために待機している、白血球などの免疫担当細胞がいます。
    しかし、ニコチンはそれらの細胞たちの働きを鈍らせてしまうのです。そうなると、細菌は体の中へ簡単に侵入し、毒素などにより周りの組織を破壊します。
    これは歯周病に罹りやすくなる事や、現在歯周病になっている方でしたら、その病状の悪化につながります。
  • 傷や治療を受けた所の治癒(治り具合)が悪くなる
    歯周病の治療はその性格上、どうしても歯肉やそのほかの組織に結果的に傷口を生じます。
    普通でしたらすぐに治るはずの傷であっても、組織の中にニコチンなどが吸収されていると、それが遅れる事が知られています。
    なぜならば、傷口をふさぐ細胞の働きも鈍ってしまうからです。
    せっかく受けた治療に対して良い結果が得られない事になります。

 

参考文献:日本歯科大学・歯周病科 沼部幸博先生「たばこで歯が抜ける? 喫煙と歯周病」
イラスト E-ARTjapan

2016-06-09 09:33:38

一口メモ

 
PAGE TOP