指定更正・育成医療機関 顎変形症保険認定医療機関 日本矯正歯科学会認定臨床研修機関

〒790-0011
愛媛県松山市千舟町7-10-1

TEL:089-921-3111

保定・定期健診について

一口コラム 求人案内
HOME»  保定・定期健診について

保定・定期健診について

矯正治療後のホワイトニング(歯の漂白)も行っています。

当院では矯正治療後保定装置を指示どおり装着し、2年間定期的(3~4ヶ月)に来院された方を永久登録しています。
矯正治療後の管理を患者様のみで行う事は不可能だからです。歯並びを維持するには知識と努力がいるからです。また、医療は完全なものでは無く、正しく行われても結果が違ってくる場合もあります。

登録会員が万一、再治療の必要な場合は処置料の範囲で治療に応じています。また、問題の無い患者様も希望があれば3年以降定期健診をします。保定装置(リテーナー)のチェック・調節以外に、矯正治療後は予防で歯科医院に通って頂けることを目標としています。それらを習慣づける為に当院では予防歯科を行っております。来院時には必ずPMTCを行い、歯列や歯の保存に努めています。

生涯自分の歯(矯正治療を受けなければならない患者様で、第3大臼歯を噛ませる事は困難な場合が多く、したがって通常24~28本)で噛むための治療が矯正治療です。

歯を動かしてきた装置を除去した後、何もしないと歯や顎は元の位置へ戻ろうとします(後戻り)。それは、歯の周りの骨や歯肉が正常な状態に回復していないからです。歯の周りの骨や歯肉が安定するのに6ヶ月~1年間かかります。理想的な場所に、歯や顎を安定させるための装置が保定装置(リテーナー)です。
リテーナーは組織学的には最低1年、機能的には新しい咀嚼の神経筋の経路が安定する2~3年は絶対必要です。

時期に応じて時間数を徐々に減少し、最終的には睡眠時のみ使用、できるだけ長期間モニタリング用で使用して頂いています(歯は臓器で必ず変化が生じます)。


リテーナー


アライナー型矯正(歯科)装置(クリアライナー)

リテーナーには用途に応じていろいろなタイプの物があります。

PAGE TOP