指定更正・育成医療機関 顎変形症保険認定医療機関 日本矯正歯科学会認定臨床研修機関

〒790-0011
愛媛県松山市千舟町7-10-1

TEL:089-921-3111

不正咬合の治療例

一口コラム 求人案内
HOME»  不正咬合の治療例

当院で治療された患者様の治療例を紹介しています。
全てではございませんが、お悩みの方に参考にして頂ければと思い写真を載せました。

歯並びの病気は、いくつかの不正咬合が組み合わさっている場合がほとんどです。
(例・上顎前突過蓋咬合と下顎前突開咬)

下顎前突

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを、一般的に「受け口」と言われています。
前歯に不具合がある場合と、上下顎の大きさと前後の歪による場合があります。

下顎前突治療(反対咬合+乱ぐい歯)(1)

治療前

 

治療後

下顎前突治療(反対咬合+乱ぐい歯)(2)

治療前

 

治療後

上顎前突

上の前歯が前に傾斜していたり、上の前歯全体が前に出ている噛み合わせを一般的に「出っ歯」といいます。下顎が小さかったり、後ろにずれて出っ歯に見える事もあります。

上顎前突治療(1)

治療前

 

治療後

上顎前突治療(2)

治療前

 

治療後

上下顎前突

上下顎前突は、頭蓋(ずがい)に対して上下顎骨ともに前に出ており、側貌上は口元が上下唇とも突出しております。上下顎の前歯だけが唇側に突出している場合もあります。たいていの場合、上下の前歯を後退させる必要があります。

上下顎前突治療

治療前

 

治療後

開咬(かいこう)

奥歯を噛み締めても前歯(横の歯)が噛み合わず、上下に隙間が開いてしまいます。これでは、前歯で食べ物を噛み切る事はできません。また、噛み合わせが不安定なために、顎の関節に負担がかかる上、成長期に下顎の正常な発育ができません。

開咬治療(1)

治療前

 

治療後

開咬治療(2)

治療前

 

治療後

交叉咬合(こうさこうごう)

奥歯の噛み合わせの幅にずれが生じている「奥歯の受け口」と言う噛み合わせ。上の歯と下の歯のまん中がずれて、顔が非対称に見えます。

上下顎前突治療

治療前

 

治療後

叢生(そうせい)

デコボコになっている歯並びを「乱ぐい歯」といいます。乱ぐい状態は、骨の成長や歯の大きさのバランスがずれたときに起こります。上の糸切り歯が飛び出しているのを「八重歯」と呼び昔からチャームポイントの1つと言われていますが、歯磨きの時に歯ブラシが行き届かずに汚れが残りやすく、いろいろな歯科疾患の原因となります。

叢生治療(乱ぐい歯+八重歯)(1)

治療前

 

治療後

叢生治療(乱ぐい歯+八重歯)(2)

治療前

 

治療後

過蓋咬合(かがいこうごう)

下の前歯が上の歯に隠されてしまっている、いわゆる「深い噛み合わせ」です。
専門的には、上の歯が5mm以上かぶさっている場合を言います。

過蓋咬合治療

治療前

 

治療後

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)

歯の間が開いていて、歯列にすき間ができている事を「すき歯」と呼びます。顎が大きかったり歯の幅が小さい場合に起こります。

過蓋咬合治療

治療前

 

治療後

PAGE TOP